乾燥アトピーの肌は乾燥が外見にも表れており、肌の色が悪くなってしまっています。このような状態の肌はバリア機能が低下しているものです。そのためバリア機能を回復していくためのケアをしていかなければなりません。肌はもともと紫外線や乾燥、雑菌などの外部刺激から守ってくれています。それによって体は健康を維持していくことができるものです。この外部刺激から守る肌の機能がバリア機能なのです。

肌のバリア機能は潤いが保たれている状態になっていると適切に機能してきます。しかしアトピーになっていると肌の表面が乾燥してしまいます。それによってバリア機能が低下していきます。またアトピーによるかゆみのため、肌を引っ掻いてしまうこともあります。こういった肌への過剰な刺激によってバリア機能が低下してしまいます。

アトピーになると様々な理由によって肌の状態が悪化してしまうことになります。肌の老化を促進してしまうため、早急に保湿を中心としたスキンケアを行っていく必要があります。スキンケアを行っていけば、徐々に肌の状態が良くなっていきますし、またアトピーによるかゆみを軽減させることもできます。アトピーで悩む方も適切な方法でケアをすれば今よりも状態をよくしていくことは十分に可能です。